港区の税理士を探せ

税理士のメリット

一般的に港区の税理士と聞くと人々はどの様なイメージを持つでしょうか。エリート、資格を得る事が難しい、仕事内容が難しい、高度な勉強をしないとなれない、等良いイメージよりもどちらかと言うとマイナスなイメージの方が多いのではないでしょうか。しかし、私は税理士は実際はマイナスよりもプラス面の方が沢山あると思っています。なぜなら、適切な勉強をし、試験に合格すれさえすれば誰にでも税理士になれるチャンスはあるからです。

 

 

 

まず1つ目の港区の税理士のメリットは、税理士試験自体が科目合格制である事です。科目合格制とは、いくつかの科目の試験を受験し、それらに合格する事で税理士としての資格が得られる事を言います。一見すると難しい試験を沢山受けなければならないので、それだけ大変だと思われがちですが、どの科目に何年かけるかは個人の自由です。すなわち、自分の生活スタイルに合わせて勉強を進め、それぞれの科目を受験する事が出来るのです。

 

 

 

2つ目のメリットは、税理士資格は取得出来れば活躍できる場が広い事です。職場は例えば会計事務所や個人事務所、企業等多岐にわたります。その為、持っていれば一生困る事がないのが税理士資格だと言えます。

 

港区の税理士になるための勉強法

港区の税理士になるという事は簡単な事ではありません。
そもそも、国家資格に合格しなければいけません。
勉強の範囲も非常に広いですので、一朝一夕に取得できる資格ではありません。
しかし、勉強する価値というものはしっかりとあります。
将来的に独立できるような仕事でもあるわけです。
自分の事務所を持ちたいと思っている方も多いでしょう。
そういった方は是非資格を取得しましょう。

 

そこで、港区の税理士になるための勉強というものを考える必要があります。
実は税理士に似た勉強をする資格があるという事をご存じでしょうか。
それは簿記の1級というものです。
税理士と出題範囲が70パーセントも被ると言われている存在です。
ですので、税理士の方の中には、
まずは簿記1級の勉強をして合格したのちに税理士の資格勉強をするという方もいるほどです。

 

もちろん、簿記1級もかなりの難易度となります。
合格率につきましては10パーセントで毎回推移しいますので、しっかりとした勉強をしなければいけません。
しかし、簿記1級が取得できなければ税理士になれるというチャンスはなかなか考えにくいので、
高い意識を持って簿記の勉強から始めましょう。

 

銀座 イタリアン

税理士事務所を1か月でやめた

私は中学3年生の時に、高校受験を控えていましたが兄が公立の商業高校に通っていましたので、同じ高校に通うことにしていました。
実際に、兄と同じ高校に入学しても、特に会話をしたりすることもありませんでした。

 

その高校では、簿記の資格を取っていましたので、高校を卒業したら経理関係の仕事をするだろうと、漠然とおもっていました。
実際に、高校を卒業してから大手の化学メーカーの本社の経理の仕事をしましたが、すごく忙しい上に、残業も多くて辞めたいと思うこともありました。

 

結局は、友人の知人との結婚が決まって、その会社を退職しました。
でも夫は。私にパートにでろとしつこく言ってきたのでした。
仕方がないので、ハローワークで近所の税理士事務所に求人があったので、面接したらすぐに合格したのでした。

 

でもその税理士事務所は、マンションの1室にあって1つの部屋に4つも机があって息が詰まりそうでした。
税理士の先生も神経質で、ずっと行動を監視されてる気がして、胃が痛くなってしまったことがありました。
私はその税理士事務所を1か月でやめてしまったのでした。

 

東京の人気幼児教室はここ